藤井寺市の中本矯正歯科

矯正治療について

歯のおもて側から

メタルブラケット プラスチックブラケット

ワイヤーとブラケットを用いた歯の表側からの矯正治療は、実績を積み重ねてきた確実性に優れた方法です。当院ではブラケットに透明度の高い素材を使用することで、極力、目立たないように審美性を考えた装置を用いて治療を行っております。金属製のものより格段に目立たなくなっています。

歯のうら側から

リンガルブラケット(舌側矯正)

歯の裏側に装置をつける「リンガルブラケット( 舌側矯正)」なら、周りの人に気づかれることがありません。
「矯正器具が見えてしまうから… 」と、今まで治療に踏み切れなかった人もこれなら安心して治療を受けていただけます。成人してからでも装着が可能、接客業の方や美容上気になる方にお勧めします。
 

ワイヤーやブラケットを使わない方法

アライナー型矯正装置
透明に近いアライナー型の矯正装置を使用した治療法です。これも他の人
から気づかれにくい治療方法です。
完成物薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

矯正治療は様々な方法があります。

例えば仕事柄、矯正装置が見えない方が良いとか、アライナー型矯正装置のようにワイヤーやブラケットを使わない新しい方法で治療を受けたいとか、治療期間や費用な ども含めて、それぞれの患者様が希望される治療方法を採用したいと考えております。
治療に入る前の検査の結果、医師としての判断で必ずしも希望される治療方法を採用できないケースもありま す。そして、これまでの豊富な治療実績から医師として、もっとも適正な方法を判断することになります。
アライナー型矯正装置が向いてない場合もあります。適応症と非適応症についてご説明いたしますので、お尋ねください。